『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 16:9ワイドテレビの発案者は黒澤明だった!と言いたい。

<<   作成日時 : 2006/10/09 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

ハイビジョン編集まるごとガイドBOOK
画像画像   ←左の写真をクリックすると
 『黒澤明監督が産んだHDTV新時代!?』が始まります。
 右がYouTube(sun10ro)投稿一覧へのリンク。


世界初の16:9ワイド画面放送は、
1980年4月フジTVゴールデン洋画劇場の『用心棒』であった。

 上下に黒味を入れた、ノートリミングのシネスコサイズでの映画放送を黒澤監督が主張した結果、このサイズによる放映が実現した。
 映画ファンの大衆雑誌『ロードショー』解説委員は、その放送形態を「黒澤天皇のわがまま」による「暴挙」「画面が小さくなりすぎて役者の顔が見えない!テレビにはテレビのサイズがあるはず!」と非難していた。この記事をみても、それ以前にシネスコサイズの映画を、左右の画面を切らずに放映した例がなかった事を物語っている。
 あのS.キューブリックでさえ『2001年宇宙の旅』のビデオ化、テレビ放映に際して、左右のトリミング編集の監修を要求はしても、上下を黒でつぶして左右は切らずに収録せよとは言わなかった。
 だから、このワイド放映サイズを発案し、その実行を要求したのは黒澤明その人以外に誰もいなかったのだ。

 このサイズはその後も『椿三十郎』『天国と地獄』と黒澤映画の放映にだけ適用されたが、他の邦画洋画放送には採用されはしなかった。
 当時発売されたビデオやLD版映画シリーズがワイドサイズになっていないのを見ても、その発想が世界の誰からも出ていなかったと解る。

 このノートリミング収録を他の映画放送に採用したのは、やはりフジテレビだった。深夜の放送枠でミニシアター系洋画がワイドサイズのままノーカット放映された。(1983年頃〜)
 邦画ビデオが採用し始めたのが1984年頃。洋画ビデオでこれを日本発・レターボックス版として初めて採用したのが黒澤信奉者たるS.スピルバーグだった。以後、この収録方法が一般的になるにはかなり時間がかかったが、今(DVD版)では当たり前となった。
 
 NHKのハイビジョンテレビ開発は、最初4:3で始まり、ワイドサイズのテレビではなかった。
 アナログハイビジョンが16:9のワイドサイズで公表されたのが1984年の埼玉つくば博覧会。ワイドサイズのテレビが普及する過程で、ハイビジョンカメラで撮影した映像を如何に混合放送するかは大きな問題だった。4:3の標準テレビでも、上下を黒でつぶせば放送できる、という土壌が出来ていなかったら、その開発は暗礁に乗り上げていたはずだ。
 その土壌を作ったのが、「シネスコサイズの左右の画面を切りたくない」とこだわった黒澤監督の発案からだったと、私は確信している。
 「1992年をもって民放の放送はすべてワイド放送に移行する」と電機メーカーは日本人にワイドテレビを売りつけた。
 実際は、地上デジタルワイド放送が始まった今でも、ほとんどのニュース番組、取材ものが4:3の旧サイズで左右を黒くして放送されている。

 これも、出発は『用心棒』上下黒マスクから始まったということを忘れてはならない。
 テレビ界の慣例にとらわれず、映像作家(芸術家)としての信念を貫いた黒沢明的リーダーシップが、新しいテレビ時代を生み出した、と私は叫びたい。



アフィリエイトならリンクシェア

ハイビジョン編集まるごとガイドBOOK

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「椿三十郎」、リメイク
黒澤明監督、三船敏郎さん主演の映画「椿三十郎」(1962年)が、森田芳光監督、織田裕二さんのコンビでリメイクされることが発表されました。 黒澤作品が日本国内でリメイクされるのは初めてとのこと。 詳しくはSponichi Annex、DailySports online、nikkansports.com、スポーツ報知をご覧ください。 ...続きを見る
Mugen Diary
2006/10/09 22:59
プラズマテレビがやってきた!
本日、我が家に”プラズマテレビ”がやってきました。 ...続きを見る
映画、鉄蔵のつぶやき。
2006/10/17 00:08
2001年宇宙の旅
振り返って見ると、TVや映画館で何度も見ていますね。 これが大事な点ですが、何度も見る作品は少ないのです。 大昔の映画ですけども、時代のはるか先を行っています。 ...続きを見る
娯楽の殿堂
2007/03/11 12:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
16:9ワイドテレビの発案者は黒澤明だった!と言いたい。 『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる