『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 織田VS豊悦『椿三十郎』いよいよ公開!森田芳光監督にエールを送る黒澤明監督?

<<   作成日時 : 2007/11/25 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 2

椿三十郎<普及版>
12/1全国公開の『椿三十郎』を大特集。
(右のGyaO バナー広告をクリックするとジャンプできます!)

リーダーの条件 ↓ 椿三十郎に学ぶ!@

『椿三十郎』といえば“決闘シーンの血”や“三十人切りの音”ばかりが話題にされますが、
真に面白いのは三十郎の人柄です!

現場主義、実践主義の人!
情報分析抜群で、新たな危機に斬新な対応策を次々と提案、即実行してしまう理想の上司なのでした。(だから織田裕二さんが抜擢されたのか?)

また、日本人の「嘘つきは悪人」という常識を覆す“嘘の達人”、
“嘘をえさにして敵を操る正義の味方”なのです。
嘘がばれたらどうするかハラハラドキドキ、そこが面白い!

リーダーの条件 ↓ 椿三十郎に学ぶ!A

「彼の写真(映画)は、どこを切ってもジョン・フォードなんだ」
これが黒澤監督が尊敬する米監督に対する作品評。「だから・・・」と話は続きます。
「映画には自然と監督の人格、人柄が反映するもの」
つまり、いくら映画技術を身につけたとしても、主人公に反映される監督の人格に魅力がなければ、その映画は観客を元気に出来ない。

そして、知恵と勇気と行動力を持った主人公が活躍する映画を観ることが、一番です。
中でも『椿三十郎』は、自分を磨き上げるという点で、他の黒澤映画以上に気軽に楽しめて最適な作品なのです。



椿三十郎<普及版>
椿三十郎<普及版> [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画 【椿三十郎】
映画館にて「椿三十郎」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2007/12/02 00:35
「椿三十郎」みた。
「織田三十郎」は、本当に今度の12/10で四十郎です♪オリジナルの「椿三十郎」は観たことがないので、「織田三十郎」と「三船三十郎」の比較は出来ないのだけど、”現代風時代劇”としては、まあまあなデキでは ...続きを見る
たいむのひとりごと
2007/12/02 08:12
椿三十郎 を観ました。
「私の名前ですか。・・・つばき、椿三十郎。いや、もうそろそろ四十郎ですが」 ...続きを見る
My Favorite Things
2007/12/02 08:18
「椿三十郎」:佃二丁目バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}ずいぶん昔からありそうな居酒屋ね。 {/kaeru_en4/}江戸家っていうからには、江戸時代からあるのかな。 {/hiyo_en2/}まさか。でも、江戸時代の侍とかがここで酔っ払っていても不思議じゃない雰囲気があるわね。 {/kaeru_en4/}椿三十郎とかな。 {/hiyo_en2/}そうそう。あの男も何かって言うと「酒はないか」とくるんだから。 {/kaeru_en4/}黒沢明の名作を森田芳光がリメークしてたな。 {/hiyo_en2/}この新しい「椿三十郎」、... ...続きを見る
【映画がはねたら、都バスに乗って】
2007/12/02 11:45
椿三十郎
痛快さは足りないが, リラックスして入り込める世界観は魅力。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2007/12/02 11:52
『椿三十郎』(森田芳光・織田裕二)
-----これって黒澤明の時代劇を 森田芳光がリメイクしたんだよね。 オリジナルがあまりにも偉大なだけに難しそう。 「いやあ、これが困ったことに意外とオモシロいんだ」 ----オモシロいのに、ニャにが困るの? 「う〜ん。どこから切り出したらいいんだろう。 まず最初に言えるのが、 このシナリオはほんとうによくできているということ。 今回森田監督は、オリジナルの 菊島隆三、小国英雄、黒澤明3人による脚本を そのまま使用しているんだ。 だから、記憶の中の『椿三十郎』が次々と出てくる。 冒頭の床下の若侍... ...続きを見る
ラムの大通り
2007/12/02 12:37
椿 三十郎  
こうきたか、織田裕二・・・・・・・。 エンドロールを見ながら、そう思いました。 ...続きを見る
せるふぉん☆こだわりの日記
2007/12/02 18:03
【2007-番外8】椿三十郎(オリジナル版)
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2007/12/09 17:05
椿三十郎 <ネタバレあり>
 とっても普通でした(笑) ま、織田裕二ファンの方は必見ですな彼がとってもカッコいいので ワタクシがファンなら2回は観に行くなたまたま偶然に出会ってしまった浪人と9人の若侍。若侍達にとってはラッキーな出会いやったやろーし、(出会ってなかったら 全員斬ら... ...続きを見る
HAPPYMANIA
2007/12/18 04:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
今度の映画でも、やはり脚本の完璧さが目につきました。この脚本のまま撮影したというのがいちばんのポイントではないでしょうか。しかも、「映画というのは監督の人柄が反映する」という点において、みごとに森田監督の人柄がしのばれる映画になっていました。
ジョー
URL
2007/12/02 11:30
ジョーさん貴重なコメントありがとうございます。私はまだ観ていませんが、より多くの方が黒澤作品を観直すきっかけになれば、リメイクも良いかなと考えています。個人的には森田監督はデビュー作以来好きな監督なので、楽しみにしています。ヒットすれば映画界も盛り上がる!それが何よりでございます。
丑四五郎
URL
2007/12/02 22:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
織田VS豊悦『椿三十郎』いよいよ公開!森田芳光監督にエールを送る黒澤明監督? 『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる