『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 『赤ひげ』から始まった?独立プロ(黒澤プロ他)に借金させて売り上げは巻き上げる配給暴利システム!

<<   作成日時 : 2008/11/23 07:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


赤ひげ <普及版>
東宝
2007-11-09

ユーザレビュー:
「長坊〜!、長坊〜! ...
気高い魂。ああ、こん ...
あっという間の3時間 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



「テレビに押されて斜陽の日本映画界を再生させるには、より良質な作品を作るしかない!」
『赤ひげ』の新井出医師が青年医保本に教えんとしたのは医術以上に人間としての“道”だった。
『乱』の秀虎が自分の後継者たる息子たちに求めたのも“人の道=愛”だった。
弟子の成長に未来への希望を見た『赤ひげ』と違い、絶望の淵に追いやられ発狂して死んだ父を『乱』で描かざるを得なかった黒澤監督の心情の変化を、我々は知らなければならない。
『乱』のラストで丹後(油井昌之)に叫ばせた
「神を怨むではない・・・人の世の残酷を見て、神は泣いておられるのだから」という意味の台詞を
『赤ひげ』も口にしていた。
ここに、処女作以来未来への希望を胸に社会悪と戦ってきた1964年のまでの黒澤と、
敗北の連続で疲れ果て、後継者を得られぬまま絶望の淵に追いやられた21年後(1985年)の黒澤の悲しみを見る。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今借金をするのなら
計画的にしたいですね。その前には読んでおきたい話です。 ...続きを見る
融資これがほんとの話
2008/11/23 22:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
『赤ひげ』から始まった?独立プロ(黒澤プロ他)に借金させて売り上げは巻き上げる配給暴利システム! 『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる