『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ人の世は、いつの時代も争いが止まないのか?天上で神も泣いているに違いない

<<   作成日時 : 2009/02/14 10:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

74歳の黒澤明監督は、そんな思いで『乱』を作った。
「 『乱』は私の遺言的作品。 」
『乱』の製作が決定した1983年、クランクインの準備をしながら
「これが最後の作品になるかもしれない。自分の映画作りを後世に伝えたい!」
と黒澤監督は考えていた。
そこへ若干25歳の青年(中山市朗)から企画台本『メイキングオブ乱』が届いた。
この提案が井関惺プロデューサー経由で黒澤監督の眼にとまり奇跡的に採用された。
監督の願いを叶えるべく、ビデオ記録班(谷口・河村)が黒澤組に加わった。
10ヶ月に及ぶロケと仕上げ・完成までの膨大な記録が残った。

KUROSAWA?THE FILM MUSIC OF AKIRA KUROSAWA?
ファンハウス
1998-12-02
サントラ

ユーザレビュー:
一本の映画のようです ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ところが150時間分の素材が揃った途端ビデオ取材班はお払い箱、
販売用メイキングビデオの企画編集は黒澤プロのものとされ、
ナレーションもない唯の荒編版のような、完成度の低い代物で世に出てしまった・・・。
このビデオは売れず発売半年で廃盤になった。
その結果、完成版90分以外は、ゴミとして廃棄された!

1990年代 
『夢』『八月の狂詩曲』『まああだだよ』が製作され、『乱』は最後の黒澤映画にはならなかった。

そして1998年、黒澤監督は亡くなった。
1998年9月、黒澤監督のお別れ会に出席した事をきっかけに、
失われたはずのビデオ素材が発見され、映像作家に成長した河村の手に戻った。

没後10年、『乱』から25年・・・
黒澤明作品から映画製作法を学び取る映画監督は日本に何人いたか?

「自分の記録を後世に残したい」黒澤監督の願いを知らずに失われた
『乱』メイキングビデオの存在価値は上がり、本来の役目を果たす時がきた!

https://www.paypal.com/j1/cgi-bin/webscr?cmd=_flow&SESSION=Ejbk8I-Vl6kyMpU_SPeyDGNu9pK7TKYSyHdkYIeKaaAdmzIfNGLYouMNwMq&dispatch=5885d80a13c0db1f9fecf49521b3f5afc18ba9034b1c79cbd5929eac28412d99

幻の記録『メイキングオブ乱』完全版を復活すべく奮闘しています。
YouTubeではsun10roの名で配信し、失われたビデオの一部を世界に発信しながら、ヒストリーチャンネルで放送されたDVD発売版には登場しない記録も配信中ですので、是非一度ご覧下さい。
丑四五郎

The record '[Meikinguobu] RAN' complete version of the phantom strives to revive.
Please deliver in the name of sun10ro in YouTube, and see once by all means while delivering the record that doesn't appear either to the DVD sale version broadcast by the history channel while sending a part of the lost video to the world.
Four Ox Goro

And, supervisor Kurosawa died in 1998.
Starting with the thing to attend supervisor Kurosawa's separation
association in September, 1998
The video material that was sure to be lost was discovered, and it
returned to the hand of Kawamura who grew up to the image writer.

25 years after ..death.. from 'RAN' of ten years ・・・
How many movie directors who learnt the movie production method from
the Akira Kurosawa work were in Japan?



Why does not the fight stop as for person's world in the age when?The god is sure
also to be crying in heavens.

74-year-old director Akira Kurosawa made 'RAN(=War)' from such a desire.
「 'War' is I. Will..work. 」
While preparing the crank in in 1983 when the production of 'War' was decided「
This might become the last work. I want to pass on its filmmaking to future
generations. 」
Supervisor Kurosawa thought solving.
The project scenario '[Meikinguobu] war' reached from somewhat 25-year-old
young person (Ichiro Nakayama) there.
This proposal stopped in supervisor Kurosawa's eyes by way of the producer of
[**] Iseki and it was adopted miraculously.
To realize supervisor's wish, the video record group (Taniguchi and Kawamura)
joined the Kurosawa class.
A huge record until location and finishing up and completing lasting for ten
months remained.

Material..become complete..video..crew..dismissal..sales..for..making..video..
project..edit..professional..one..do..narration..nothing but..drink..perfection..
low..article..start in life.
This video did not sell and became an abolition board at the sale half a year.
As a result, a finished version was abandoned as garbage excluding 90 minutes.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
なぜ人の世は、いつの時代も争いが止まないのか?天上で神も泣いているに違いない 『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる