『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 『グラントリノ』『チェンジリング』で見せたクリント・イーストウッドの底力は『許されざる者』以来不変!

<<   作成日時 : 2010/05/18 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

過去のキネマ旬報年間ベスト10で、これ程多くのベストワンを取り続けている映画監督はいない!
それがクリントイーストウッド監督だ。
フェリーニとジョンフォードを足したような作家精神を貫いている人生観を主人公は持ち続けている。
監督本人が演じている作品が多い、という点ではチャップリンの才能に迫るかも?

また、盗作確信犯だった『荒野の用心棒』主演以来の黒澤コンプレックスは凄くて
黒澤監督追悼番組では『赤ひげ』への想いを熱く語っていた。

過去の殺人の罪への重みで苦悩する人物がキーパーソンになっているという点では
『乱』の一文字秀虎と重なる主人公を演じている。

“また、負け戦だったな。勝ったのはあの百姓たちだ。・・・ワシ達(侍=戦士)ではない・・・”
といって戦争で死んでいった同士の墓を見上げて終わる『七人の侍』と同じ死生観を

『グラントリノ』で確認したような気がする。感動した!




グラン・トリノ [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2009-09-16

ユーザレビュー:
頑固な老人なりのけじ ...
俳優引退作品と聞きま ...
一分のすきもない「男 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『許されざる者』の苦悩は『グラン・トリノ』へ続く
 私は映画に点数を付けたり順番を付けたりしないが、雑誌のランキング等はチラチラ見ることがある。  しかし、あまり映画を観ないせいか、... ...続きを見る
映画のブログ
2010/06/02 19:08
【映画】許されざる者…の記事&近況報告
9月です。で、すでに11日ですが、この9月初めての更新 ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2011/09/11 22:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
『グラントリノ』『チェンジリング』で見せたクリント・イーストウッドの底力は『許されざる者』以来不変! 『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる