『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒澤明監督作品7本を韓国初上映【朝鮮日報】記事/朝鮮日報日本語版/韓賢祐(ハン・ヒョンウ)記者

<<   作成日時 : 2010/08/01 08:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

● 黒澤明監督作品7本を韓国初上映
【朝鮮日報】記事入力 : 2010/06/17 14:58:49

来月、誕生100周年特別展


黒澤明 「世界のクロサワ」こと黒澤明監督(1910−98)=写真=の誕生100周年を記念する特別展が、 7・8月の2カ月間、ソウルと釜山で行われる。今回の特別展では、『生きものの記録』(1955年)など7本が韓国で初めて紹介される。上映はすべて無料。

 日本の国際交流基金と韓国映像資料院、シネマテック釜山、フィルム・フォーラムなどが共催するこの特別展は、7月1日から25日までは映像資料院(ソウル市麻浦区)で、7月24日から8月4日まではフィルム・フォーラム(ソウル市西大門区)で、8月10日から29日まではシネマテック釜山(釜山市海雲台区)で開催される。日本文化院(ソウル市鍾路区)でも8月にDVD上映プログラムが企画されている。

 上映されるのは、黒澤監督のデビュー作『姿三四郎』(43年)をはじめとする計23作品。『用心棒』『影武者』に出演した俳優・仲代達矢(77)、黒澤監督のスクリプターだった野上照代(83)が来韓し、観客とトークを行う企画もある。全作品に韓国語と英語の字幕が付く。

 黒澤監督は、アジア映画の存在を初めて世界に知らしめた映画監督として高く評価されており、スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、マーティン・スコセッシら世界に名だたる映画監督に大きな影響を与えた。60年間で30本余りを手掛け、独特の世界観を築き上げた。
詳しくは日本の国際交流基金ソウル文化センターのホームページwww.jpf.or.krへ。

韓賢祐(ハン・ヒョンウ)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
黒澤明監督作品7本を韓国初上映【朝鮮日報】記事/朝鮮日報日本語版/韓賢祐(ハン・ヒョンウ)記者 『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる