『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜

アクセスカウンタ

zoom RSS やっとCG作家原田大三郎氏の周囲から『映画スチルマンは嘘』という記事へのリアクションコメントが来た!

<<   作成日時 : 2010/08/07 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/08/07 13:33
@お見かけし
はじめまして。
私は「映像作家」の方の原田大三郎先生と、
お仕事でよくご一緒させて頂いている者です。
たまたま原田先生のHPで拝見し、こちらに来ました。
故原田大三郎先生のお近しい方とあれば、
このようなwikiの表記に関する残念な思いと、
憤りを持たれるのもよく理解できます。

ただ、映像作家の原田先生も、非常に愛情深く、
人間味溢れる魅力的な人物です。
私は映画写真家の原田先生には残念ながら
お会いすることはありませんでしたが、
同名な方だけに、きっと大きな、そして創造にかける
思いの強かった方であろうと察する次第です。
このwikiの書き込みも、きっと
故原田先生を尊敬するどなたかが書き込まれたに
違いありません。
となると、世間の認識はふたりの存在が
同一と見なされているということですから、
故原田さんのページも新たに作成なさるとよいの
ではないでしょうか? 是非お願いいたします。
(字数制限あるようなのので続く)


2010/08/07 13:37
@(続きです)
映像作家の原田氏は監督としてのご自身の映像作品の数々やCG作品、また先端技術を駆使したメディアアートの後進の育成の為に多摩美術大学で教鞭を取ることに、傍から見ても驚く程に、自らの時間と労を惜しまず、日夜誠心誠意取り組んでおられます。

多くの一流の作家先生もそうだと思いますが、睡眠時間を削り、時に自らの資金を投げ打って、創造という為事にあたられていると感じています。

また、アーティスト気質の強い方ですから、ご自身が周囲にどう思われるかや、ご自身の格好などには無頓着なところもあり、一方それが魅力でもあるのですが、Wikiの表記を放置しているのもそんな、自身の評価に無頓着な先生の人柄の弊害も
あるかもしれません。

2010/08/07 13:38
@またまた続きです

続きです

これは私見ですが、「映画のスチールの仕事を多く手がける」という経歴が、私にはCG監督や現代美術作家として、また優れた番組の監督で海外の高名な賞を取ったりと、早くから身を立てて来た原田先生の経歴に必ずしもプラスになるものではないと思えています。故原田先生の偉業は偉業としてもちろん尊敬します。しかしそれが別の誰かの評価に繋がるのは、やはり映画のスチールカメラマンを目指す人の経歴に利用された場合に限るのであって、監督業、アーティストの方の経歴に入るとどうも私には不自然な気がしてしまいます。

ですので、私の方からも、どなたか時間のある若い方でも雇って、wikiを訂正するように、助言をしたいと思います。

最後に、原田先生は、決して詐称をしていませんし、する必要もない人だと思います。どうか誤解されませぬよう、これも何かのご縁と思って、同名の、2人の大いなる映像人の存在を、親近感を持って暖かく見守っていただければと存じます。

見過ごせず、多く書いてしまいました。
大変失礼いたしました。




私は実際にwikiに書いたりしたことがないのですが、どうやったら書き込んだり、削除したりできるのでしょうか? 
今回の貴殿のように、間違いに気がついた方が、訂正したり項目を増設することはできないのでしょうか?
任意の書き込みや訂正ができるのでしたら、今回のこのような誤解もなくなるのでしょう。
またまた続きです
2010/08/07 14:07
途中の文章が抜けてしましました。

またコンピュータ音楽やCG映像の黎明期から作家として活躍された原田先生のことですので、wikiの存在をその任意の書き込みで成り立つ仕組みから元々、[公式のもの]、[信用に足るもの]と位置づけていないのではないでしょうか。これに関しては多くの有名人が被害を被っているところからも容易に想像できることであり、また、小学生でも
認識しているメディアリテラシーです。
また原田氏の公式ページに行けば、当然別人の手がけられた映像のスチールの仕事は経歴に乗っていません。正しいメディア関係者が見たなら、このwiki記述 が間違いであることは明白で、(もちろんwikiを信じてもいませんから)それを参考に記事を書く事もないでしょう。

ですから、それがために、故原田先生同様に、映像作家の原田先生もそれほど気にしていなかったのでしょうし、また、ご本人に書き換える余裕も時間もなかったことも事実でしょう。正直私もどうやったらwikiに書き込みができるのかわかりません。

ですが、このような批判が出ていることは認識しなければならないと思いますし、もし故原田先生が気にしておられたのであれば、なお一層重く受け止めるべきだと思います。

(これは私見ですが、の文章に続く)

以上です。 途中の文章抜けてしまい

2010/08/07 14:23
丑四五郎
>@お見かけしさま
やっとCG作家原田氏の周囲からリアクションコメントが来た、という印象です。ありがとうございます。
故原田大三郎先生の周囲は、インターネットも利用したこともない映画屋さんばかりです。
だから、WiKiの原田さんの紹介が乱のスチルでなく、スクリプトと妙な書き換えをされている事態そのものをご存知ありません。
それに、映画『乱、夢、八月の狂詩曲、まあだだよ』のスチールマン=黒澤明選任の特別な栄誉を任されたフィルム写真カメラマンという経歴を、「たかが映画のスチルマン履歴など役に立たない」などという悔しい云われようでコメントされては、正直心外でございます。
そもそも1985年公開の乱以前のスチルマン履歴が、篠田監督や大林監督の作品でもあり、WiKi以外のCG作家原田さん人物相関図他、多くの紹介サイトで引用されている現状を訂正するには、故原田カメラマン側の人間ではなく、CG作家原田氏本人とその周辺の関係者が、積極的に訂正文を各サイト管理者に送信して説明いただく責任があると思います。
なんと云っても、その労力とエネルギーはCG作家先生側が負うべきではないかと、私丑四五郎は考えております。ご本人に良心の呵責が湧いて、他人に指摘されずとも、WiKi他に声明を出してしかるべきことと思いますので、そうお伝え下さいませ。


十五人の黒澤明 ~出演者が語る巨匠の横顔~
ぴあ

ユーザレビュー:
まだまだ語り尽くせぬ ...
みんな、黒澤監督が好 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 十五人の黒澤明 ~出演者が語る巨匠の横顔~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
拝見しました。
それぞれの分野で切磋琢磨し、映像に愛と情熱を捧げる、それぞれに素晴らしいふたりの写真家や作家を、どちらが優位であるとか言うのは、全く意味のないことで、私の本意でもありませんし、文章をきちんと読んでいただければ、故原田先生へのお仕事への尊敬と敬意を持って私が注意深く文章を書いたことをご理解いただけるのではないかと存じます。
このような枝葉の言葉における紛糾や、職業の優劣の議論は故原田先生と映像作家の原田氏ご両人や、これを読む方々にとっても望まれることではないと思います。 カメラマンがいかに重要で、特別な仕事かを、改めて貴殿や私、また映像関係者の中で確認するまでもないですよね? ですから、私が「たかが映画のスチルカメラマン」などと言う言い方を絶対にしていないことだけは、今一度ご確認願いたいところです。あくまでも「履歴の文脈」が違うので「私としては」違和感がある、ということを申し上げたまでです。

原田さんのページを書いたのも、故原田先生の仕事を書き加えたのも、ご本人や関係者ではないと思います。勝手にネットの中で書き込まれ増殖する情報を、書かれた側だけが対処しなければいけないという貴殿の論は、現代社会の問題に照らし合わせても、少々性急な思いがいたします。お互いに、働きかけていきましょうというのは、無理な提案でしょうか。ご検討をお願いいたします。
お見かけし
2010/08/07 23:50
WiKiの情報の中で、このような誤りがあちこちで起こっているとお考えですか?
こんな同姓同名の偶然は滅多にあるものではないのですから、ご本人のブログにここの記事をトラックバックした事で、CG作家原田氏御本人も当然お気づきだと思います。履歴の誤りが、黒澤組のスチルマンではなく、アダルトビデオのカメラマンだったら?彼も彼の周辺も、誰が書き込んだかを捜索する前に、即刻削除をWiKiに申請されたと思いますが如何でしょう?
兎に角、今回の偽り情報は呆れるほど拡大し2次3次の誤りを生んでいるのですから、書かれた御本人や関係者、少なくとも大学事務局や学生を使ってでも訂正作業に入るほうが自然だと思います。
兎に角、ご本人の良心を信じて丑四五郎はご指摘したまでです。原田氏ご自身が、貴方の理屈に頷いて、ご自分こそ被害者だとおっしゃって映画履歴の削除や訂正の行動を起こされないなら、あー結局そういう方なんだな、と解釈するまででございます。
丑四五郎
2010/08/08 08:25
多分、あの人の性格からしてトラックバックとか見てないと思います;
良くも悪くもいい加減だから;;;
ぶっちゃけ、気にする人間が訂正すればよろしいのでは?と思う次第です。
Wikiは公式ソースでは無いですし、シャシンやってる人間なら誰でも知ってる事ですし・・・
まいまい
2010/09/03 16:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
やっとCG作家原田大三郎氏の周囲から『映画スチルマンは嘘』という記事へのリアクションコメントが来た! 『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる