『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 加賀まり子助演『泥の河』。1980年代の忘れられた名画。キネマ旬報第1位 小栗康平監督作品

<<   作成日時 : 2011/02/10 23:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

黒澤監督がビスタビジョンカラー作品『影武者』でカンヌ映画祭グランプリをとった翌年
モノクロスタンダードで『泥の河』は製作されて、
米国アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた。

黒澤監督がソ連映画として『デルス・ウザーラ』で同賞を受賞して以来の快挙だった。
残念にも同賞の受賞は逃したが、その年の日本国内映画賞を総なめにした。

ワンカメでシンプルなカット割り、
しかし全く無駄のない構成で淡々と・・・胸を打つ・・・。

戦後10年目の物語。朝鮮戦争の特需で、日本が戦後の貧困を脱却して間もない頃のお話だ。

とはいえ、東京と違って大阪はまだまだ貧しかった。

ラストの胸の痛さは、公開当時20歳だった丑四五郎には説明が付かなかったが
今再見してみると、団塊世代の少年時代が如何に貧しさと隣りあわせだったかが身にしみる。

先日亡くなった連合赤軍のリーダー
昭和25年生まれだった永田洋子の小学生時代があのようだったかと思うと
なぜマルクスに騙されて、人としての優しい心を忘れたか、
悔しいばかりだ・・・。




小栗康平監督作品集 DVD-BOX
松竹
2005-06-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小栗康平監督作品集 DVD-BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
加賀まり子助演『泥の河』。1980年代の忘れられた名画。キネマ旬報第1位 小栗康平監督作品 『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる