『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 『プラーベート・ライアン』から14ヶ月後に日本は降伏した。被爆者に謝罪すべきは愚かな大日本帝国だ!

<<   作成日時 : 2011/08/28 18:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

戦争の愚かさを米兵たちは知っていた。

憎むべきは米軍ではなく、
ドイツ人とイタリア人と日本人の心を虜にしたファシズム全体主義だったのだ!

現代ドイツはナチスを戦犯と知っている。
イタリアもムッソリーニが悪の根源だったと認めている。
さて、日本人はどうか?

もし日本が勝っていたら、
連合軍側が東京裁判の被告=戦犯いなっていたと未だに信じている。
連合軍が負けて、日独伊三国同盟の全体主義国が勝利するなど
有り得なかったのに、それを認めない!

8月15日が来るたびに
東京大空襲の被害を根拠に連合軍を責めて
神風特攻隊の勇ましさを謳歌するドラマやドキュメンタリーを放送する。

情けなくて涙が止まらないぞ!

その歴史観を変えられなくて
左翼も右翼もその勘違いを改めない・・・。

何と愚かなことか!

近代民主主義資本主義経済大国になっていたアメリカ人の感覚は
今も昔も変わっていない。

ベトナム戦争よりも遥か前の、第二次大戦時に実感していたのだ。

『西部戦線異常なし』を観ると、第一次大戦時に悟っていたとも言える。

神風特攻隊も、沖縄戦の自決も、広島と長崎の原爆も
天皇陛下が勇気を持って無条件降伏を軍事政権に命令していれば
日本国民は体験する必要なく、戦争から解放されて自由になれたのだ!

もうそろそろ、それを認める時が来ていると、マスコミ左翼も右翼団体も知るべきだ!

プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2010-09-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
島田紳助引退の謎 「人間マンダラ」での政治的発言「ワシの御門事件」?
島田紳助引退!思わぬ真相!渡辺二郎 羽賀研二 金本 流出動画と女性 ...続きを見る
島田紳助引退!思わぬ真相!
2011/08/28 19:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
『プラーベート・ライアン』から14ヶ月後に日本は降伏した。被爆者に謝罪すべきは愚かな大日本帝国だ! 『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる