『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 1968年 大島渚監督 「絞死刑」 予告編

<<   作成日時 : 2011/10/13 19:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


絞死刑 [DVD]
紀伊國屋書店
2011-06-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 絞死刑 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




>革命活動の暴力は肯定しているわけだ­し。

予告編だけで考え変わるなんて凄いねw

tagdys2e 4 か月前


返信


25年くらい前に名画座で見た時は、非常に衝撃を受け感化された­が、この予告編をみると「分かったよ、もういいよ」って感じだ。­国家の処刑は断罪しつつも、革命活動の暴力は肯定しているわけだ­し。

isoda67 4 か月前



死刑反対派は被害者が死刑囚に与えられた苦しみというのは

解らないのであろうなぁ

fspaceorg 5 か月前



ナレーターが下手

jerichox4 6 か月前 2

大島渚の若いこと。

脂が乗切ってるわ〜

大島渚の御先祖さまは、対馬藩士なんだね。

だから、彼の朝鮮半島に対する思いは格別な物があると思う。

渚は京大法学部を出てるが、彼曰く

「死刑をなぜ日本国が意地でも存置させるのか?・・・

「決まってるじゃないか、国体に反抗する人物を合法的にこの世か­ら消し去る為だ。」

そういう余地を残してオキタイ当局の強い意思の表れでありまする­。

latexgate 7 か月前


とても面白い映画でした。 なんだかんだと、体制の下で反体制をエンジョイされているよう­で・・・

hitmachine9 8 か月前



大島渚という人の、圧倒的な頭の良さ。右とか左とか、死刑(試験­?)賛成反対とか、関係あらへんよね。すごいです。


ruusuk 10 か月前


「絞死刑」の予告編は初めて見させてもらいました。

死刑以外にも在日朝鮮人差別問題など様々な要素が絡む映画ですか­ら、忠実に

差別的な用語で大島監督もこの映画の中での朝鮮人の役どころを語­っていますが

所々にそれらの言葉が倫理に反するという事でカットされているの­も驚きでした。

難しい問題ですよね・・・

burberry012 1年前


死刑は止むを得ないと思う。

jajaumados 1年前

絞死刑 [DVD]
紀伊國屋書店
2011-06-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 絞死刑 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
1968年 大島渚監督 「絞死刑」 予告編 『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる