『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 腸内フローラ? 天彌(あまみ)グリーン 乳酸菌マイクロ熟成エキス 桑葉入り

<<   作成日時 : 2016/05/22 01:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お問い合わせは、
GlobalHicityLimited
菊池 治夫
FAX:048-687-8622

桑の葉について簡単に説明して置きます。
《生活習慣 予防に効果大 》
�桑葉はミネラル、植物繊維、ビタミン、すべて自然界らとったもので化学物質とは全く違います。

桑葉には肥満解消効果の高い植物繊維が豊富に含まれている。ケールの20倍もの植物繊維が含まれいます。またビタミンやミネラルがバランスよく豊富に含まれている。ケールの栄養成分と比較した結果によると桑葉はビタミンAは6倍B1は、2.9倍、B2は4.4倍、Eは10.6倍も含まれている。また カルシウム、カリウム、マグネシウムなどがバランスよく、豊富に含まれている。
�糖の吸収を防ぐ。その成分がDNJ(1ーデオキシノジリマイシン)です。DNJは桑葉に多く含まれいて、桑以外のものにはまだ見出されていない特殊な成分です。このDNJは糖分解酵素の働きを阻害することによって、ブドウ糖の吸収を抑えて減量効果を高め食後に起こる血糖値の急上昇を抑制するのです。まさに桑葉は肥満の特効薬です。
(桑のはのDNJは血糖値の上昇を抑え、糖尿病を予防する効果のあることが神奈川県試験研究機関の研究により明らかにされています)

�桑葉を飲むと血液がサラサラになる。
高血圧、糖尿病、高脂血症、などによる血栓を防止する作用がある。動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などは血管の病気です。成人病予防に桑のは血液をサラサラに保つ化学物質ではなく、自然界の薬です。


�桑のはコレステロールや中性脂肪が改善されます。血中のコレステロールが高くなった人でも桑のはを飲み続けると改善される。
また肝臓にたまる脂質の研究結果はそれらの臓器にたまる脂肪やコレステロールを抑制し、肝臓の機能を改善する効果のあることが明らかにされました。


�ダイエット、便通をスムーズにし、体脂肪を減少することも明になった。ダイエットについては、腸の働きを活発にし、代謝がよくなり、太りにくい体質になります。
ダイエットは注意する点があります。それはダイエット中はビタミン、ミネラルが不足がちになります。これも桑のはなら十分に補ってくれます。大地の恵みであるミネラルが信じられないほどたっぷりと含まれいます。
カルシウム含有量は干しえびや煮干しより多く、煎茶の6倍、小松菜の13倍、牛乳と比較すると27倍も多く含まれいる。桑葉の鉄についてもその含有量は高く、煎茶の2倍、しじみの4倍、かぼちやの5倍も多く含まれいる。

桑葉には便秘を改善し、脂肪の排泄を促進する作用が明らかにされています。 また腸内の悪玉菌を減少させる効果も明らかにされています。
桑葉には血圧降下作用のあるr-アミノ酪酸が平均226mg/100gも含まれいます。 血圧が正常な人には影響与えず、異常血圧の人には正常な血圧に近づくような働きをする事も明らかにされています。

したがってアマミグリーンは循環器系の病気には特によい、と言うことは成人病は避けてとうれない大切な飲み物、食べ物と言える。しかも化学物質のクスリではなく自然界の万能薬なのです。

社長訪問 

ワイドプランイング株式会社 

腸内フローラを整える!
@天彌グリーンとA天彌スターチ

@2年間という長い期間を経­て発酵産生された
十種類の有胞子性乳酸菌群の分泌エキス 

アミノ酸 ミネラル ビタミン酵素・酪酸 抵抗性 有機酸 葉緑素 食物繊維

興味、関心お有りの方は販売先をお知らせしますので、

tokyowebtv@msh.biglobe.ne.jp

丑四五郎 三十郎 までメールでお問い合わせください。

やせる! 若返る! 病気を防ぐ! 腸内フローラ10の真実
主婦と生活社
NHKスペシャル取材班

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by やせる! 若返る! 病気を防ぐ! 腸内フローラ10の真実 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



腸内環境をよくする重要性が最初に注目されたのは20世紀初頭。ロシアのメチニコフ博士が乳酸菌の豊富なヨーグルトを積極的にとると、病気を促す腸内の悪玉菌の害が抑えられると報告したのがはじまりでした。

しかし、その時代の医学界は治療に主眼を置いていた20世紀の医学ではメチニコフ博士の説は軽視され、逆に腸内環境を破壊する、抗生物質が一世を風靡。そのおかげで多くの伝染病の撲滅が果たせた。

ところが近年になり、増えた生活習慣病には非力であり、感染に対しても根本的な解決に役立たないことが明らかになってきた。

そこで、再び腸内環境を整える重要性が脚光を浴び、1965年に「プロバイオティクス」が誕生。

プロバイオティクスとは、腸内環境の改善に有効な生きた乳酸菌やそれを豊富に含むヨーグルト、乳酸菌飲料などのこと。


さらに1995年になると、腸内にすみついている乳酸菌を増やす働きのある栄養素にスポットが当てられ「プレバイオティクス」の呼び名がつけられ、イヌリンやオリゴ糖、食物繊維が代表的なもの。


プロバイオティクスからプレバイオティクスと進み、新世紀の予防医学の両雄となっている。ちなみに最近は、その両雄を含む「バイオジェニックス」誕生。


バイオジェニックスとは、フラボノイド、生理活性ぺプチド、キトサン、機能水、ビタミンA,C,E, DHA,EPA,CCP 等々。


腸内フローラの代謝活性の改善をするものであり、それによって 発ガン性物質、腐敗物質、過酸化物質生成の抑制、高脂血病症の抑制、免疫刺激、老化抑制。

このバイオジェニックスこそが《アマミ》なのです。

化学物質で作られている薬ではなく、自然界に存在している微生物から生まれた酵素なのです。しかも、〈醍醐〉という、とてつもない酵素、万能薬なのです。
このバイオジェニックスの働きをするものは 他にありません。自然治癒力で個々の身体に自然体で害なく、副作用もなく、身体に働きかける酵素『各臓器のbalanceを整える』はこれだけ、出回ってる中に於いて他にありません。本物の本物なのです。

正しく、それぞれの個々の体質合わせてバランスを整え改善してくれる万能食品(万能薬)なのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
腸内フローラ? 天彌(あまみ)グリーン 乳酸菌マイクロ熟成エキス 桑葉入り  『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダーの条件〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる