1927年版『メトロポリス』1984年ジョルジオ・モロダー版の印象が強烈で、2001年復刻版は?かも

作品概要 [編集]

フリッツ・ラングとテア・フォン・ハルボウ原作となる脚本は、フリッツ・ラングと彼の妻テア・フォン・ハルボウの共同で映画のため1924年に書かれたものだが、1926年にハルボウ名義の原作小説[1]として出版された(ハルボウはその後ナチスを支持するようになり、ユダヤ人だったラングとは1932年に離婚している)。

1926年に制作されたオリジナル作品は大長編映画だが、完成後すぐアメリカのパラマウント社に持ち込まれ、興行的な理由と「共産主義的な傾向を本質的に持っている字幕があった」という政治的な理由により、ラングの許諾無しに徹底的にカットされ、継ぎはぎの編集が為されたコンパクトなアメリカン・バージョンとして公開された。

1927年にオリジナル全長版をプレミア公開したドイツのウーファー社も、結局はアメリカ編集バージョンに追従した。上映回数を増やし利益を上げるためであったが、それでも莫大な制作費を回収することができず、倒産するに至った。そうした混乱のため、上映時間は世界中で様々なバージョンが存在した。

その後、第二次世界大戦の混乱などでオリジナルフィルムは世界各地に散らばり、フィルムが現存するかどうかも定かではないためオリジナルの完全版を観ることは不可能とされた。

1984年、ジョルジオ・モロダー版が公開された(後述)。

2002年には、新たに発見されたフィルムを再編集した123分バージョンの作品が発表された。

2008年7月、ブエノスアイレスの映画博物館Museo del Cineにて、それまで失われたとされていたフッテージが発見された。16mmコピーで、状態は悪いものの完全版復元への期待が高まっていたZEIT ONLINEの記事。その後、発見された映像を加えた、150分バージョンが発表され、ソフト販売もされている。
Metropolis (1984 Re-release Of 1924 Film)
Sony
1988-11-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Metropolis (1984 Re-release Of 1924 Film) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



現在[いつ?]、1927年版『メトロポリス』はパブリックドメインとして公開されている。
19 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 贅沢な傑作サントラ, 2007/10/10
By クロッカー76 (東京都) - レビューをすべて見るレビュー対象商品: Metropolis (1984 Re-release Of 1924 Film) (CD)
あのジョルジオ・モロダーのプロデュースのもと、フレディ・マーキュリーを初めとする当時のトップアーティストが集まって、2年もの歳月をかけて制作された贅沢なサントラ。
大正14年に作られたサイレント映画を再編集したリバイバル上映作品にも係わらず、これだけ贅沢な面子を揃えてサントラを作るなんて凄すぎます。
まぁジョルジオ・モロダー自身が、デヴィッド・ボウイと争って上映権を勝ち取っているんだから、そりゃ熱の入れようが違うってもんです。
なのに、オリジナル至上主義のせいなのか、このサントラが使われている1984年上映版の「メトロポリス」はDVD化されておらず(オリジナルよりテンポが良くて面白いと思う)、当然このサントラの国内版が再販される可能性も限りなくゼロに近いわけで・・・・・。(T.T)
時折、オークションなどで見かけることもありますけど、やっぱりちょいと高めですからね。海外版とはいえ収録されている内容は国内版と同じなので、格安で新品が手に入る今のうちに買っておきましょう。
思いっきり80年代テイストのスコアばかりが入った名盤!!と断言させていただきます。
5つ星のうち 5.0 オリジナルよりものすごいサントラ盤, 2010/9/16
By chika "chika" (香川県) - レビューをすべて見るレビュー対象商品: Metropolis (1984 Re-release Of 1924 Film) (CD)
自分が映画を見始めたときに出会った1本。SFが好きで当時60年前のSFってと軽い気持ちで見に行った。
そのとき確か90分という短い時間。そして途切れ途切れになっているフィルムをつなぎ、そして動画が無いところは静止画で、と必死に見つけてつないだという印象があった。

その映像に対し、とてもスピード感のある音楽。胸躍る曲の数々。当時テープで購入して聞いていたが、そのテープも延びてしまい、全く聴く事が出来なくなって10年以上経過。
それが偶然、見つけることが出来て早速購入した。
再生すると、その当時流れていた曲の場面が鮮やかに思い出される。
Here's my heartはマリアが、地下工場の教会でミサを行っているところ。
Blood from a stoneは大勢のエキストラが、工場をのぼっているところ。
他の曲も時間がたてば思い出すだろう。
それぐらい強烈な印象を残したサントラ盤である。
参加ミュージシャン達も豪華で、贅沢としかいえない。
1曲目のフレディマーキュリーのボーカルだけでも、驚愕ものである。

オリジナルのメトロポリスも勿論購入してみたが、やはり初めて見たフィルムとこの音楽のコラボが未だに忘れられない。
無いものねだりなのだが、是非このサントラで映画にならないものだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

キナミさん
2011年03月22日 23:27
私もジョルジオモロダー監督のメトロポリスDVD探してました。海外発輸入盤しかないのですね(ToT)了解しました。ありがとうございます。

この記事へのトラックバック

  • フレディマーキュリー バイ

    Excerpt: 1927年版『メトロポリス』1984年ジョルジオ・モロダー版の印... By クロッカー76 (東京都) - レビューをすべて見るレビュー対象商品: Metropolis (1984 Re-relea.. Weblog: また会いましょう racked: 2011-02-24 12:56