水と光のレーザーショー!BIG-O【2012麗水世界博覧会(EXPO 2012 YEOSU KORE

2012麗水世界博覧会公式ホームページ
http://jpn.expo2012.kr/main.html?mobile_at=Y
〔開催期間〕2012年5月12日(土)~2012年8月12日(日)
〔開催会場〕全羅南道麗水市麗水新港一帯
〔会場面積〕271万㎡
〔主催・主管〕麗水市・2012麗水世界博覧会組織委員会
〔テーマ〕生きている海、息づく沿岸 〔サブテーマ〕資源の多様性と持続可能な活動

★麗水世界博覧会は1993年に開催された大田(テジョン)世界博覧会以後、韓国で2回目に開始される国際博覧会機構(BIE)認定の博覧会で、海で開かれる世界博覧会です。地球の表面積の70%を占めている海は最初の生命体と人類文明を誕生させた母であり、地球上の生物体の90%が生きている命の場所です。また、海は地球環境を守る番人でもあります。しかし文明による開発と汚染で海は今とても大きな痛みを抱えています。麗水世界博覧会ではこれまで人間が忘れていた海の大切さと価値について話し合っていきます。

★博覧会場はテーマ館、韓国館、サブテーマ館(気候環境館、海洋産業技術館、海洋文明館、海洋都市館、海洋生物館)、国際館、アクアリウムなど多様な展示館が運営されます。博覧会のテーマである「生きている海、息づく沿岸」を具現する韓国で最初の海の上の展示館であるテーマ館、海と人間について5つのテーマが多彩に繰り広げるサブテーマ館、世界約100の参加国が集まり、人類の調和と共存、共同の発展というテーマを具現化する国際館など独特な内容を観覧客達に見せます。
★その他、博覧会の特化施設である海上文化空間「BIG-O」はマルチメディアショーとしてきらびやかな照明演出の真髄を見せ、海の上に浮かんでいる海上舞台では多様な公演とパフォーマンスが繰り広げられます。また、廃サイロ[セメントなどの原材料を貯めておくタンク]を活用して作ったパイプオルガン形態の「スカイタワー」と芸術とメディアが調和した「エキスポギャラリー」、主要展示館のひとつである国内最大規模のアクアリウムは是非訪れてみたい施設です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック