原発再稼働判断せず=安全審査は来夏以降-規制委 (情報元: 時事ドットコム 2012/10/03)

原子力規制委員会は3日に開いた会合で、現在停止中の原発に関し、
規制委として再稼働の是非を判断しないとする見解を取りまとめた。
田中俊一委員長は「地元に対し安全性の説明はするが、
 再稼働の判断は必要に応じて政府や電力事業者が行う」と述べ、
4人の委員も同意した。

田中委員長は従来、規制委は再稼働の判断をしないと主張してきた。
見解としてまとめた背景には、政府関係者から判断を規制委に
委ねるかのような発言が続いていることがあるとみられる。
 
記者会見で同委員長は「地元の了解を求めるとか、事業者の経営状態を斟酌
(しんしゃく)するのは範囲外」と強調した。
原発の廃炉についても「規制委が勧告することはない。
 廃止しなさいとは言わない」と述べ、
終的に事業者が判断するとの認識を示した。
 また、「再稼働の前提条件となる安全審査は、安全基準を定めた後に行う」
とした。基準の骨格は来年3月までに策定する予定だが、
パブリックコメントなどを経て最終的にまとまるのは来年夏ごろの見通し。
事業者が骨格に基づき、自主的に安全性調査を行うことには理解を示した。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック