黒澤流映画の作り方は古いのか?『乱』演出記録ビデオ150時間に学ぶ事の有効性!

黒澤明流ワンシーンの作り方。
監督はまず、スタッフと一緒にを美術を準備します。
次に、すべてのスタッフに演技リハーサルを見せます。
ワンシーンを通したリハーサルをして、監督は俳優の演技を修正します。
リハーサルをしている間に、監督自身が撮影コンテを描きます。
撮影準備をさせるために絵コンテのコピーをすべてのスタッフに配布します。
本番撮影前に演技リハーサルを繰り返します。
カメラマンに撮影アングルを決定させた後に、監督はファインダを覗いて、カメラマンに修正を指示します。
3つのカメラを使用して、1つのシーンに必要な複数のカットを複数のアングルから一気に撮影します。

映画制作には2つの要素が必要です.1つは映画の内部の性質で、もう1つは撮影技法です。
あなたが映画の内面的な性質を習得しなければ、俳優を制作することも、カメラの角度を決めることもできません。
それには黒澤明が作った映画をすべて見て、そのシナリオを全部読む必要があります。

黒澤明の映画制作技術を学ぶ上で、「乱」の撮影シーンを観察することは非常に重要です。
黒澤映画の制作現場で発見した黒澤流撮影テクニックを自分の現場に適用することができれば、
あなたは偉大な映画監督になるための第一歩を踏み出すことができるはずです。

まず第一に、「乱」は黒澤明のライフワークであったことを理解する必要があります。
そして、あなたはこの映画が黒澤作品の「七人の侍」の次に莫大な予算を掛けた映画であったことを知る必要があります。
「七つの侍」が制作されたとき、黒澤明は40代にいたが、70年代半ばには「乱」を作った。
「乱」の撮影現場には「七人の侍」が制作された時と同じカメラマン、美術、録音スタッフがいました。
だからあなたにとって「乱」の撮影シーンを観察することは、「七人の侍」の撮影シーンを見るのと同じくらい貴重な経験になります。
黒澤明は俳優を怒鳴ったりしません。多くの書籍で、彼は独裁者だと言われていますが、俳優を大声で怒鳴る演技指導シーンは皆無です。
彼は俳優の誇張した演技や会話を嫌います。彼は俳優に自然な演技をさせたいと常に考えています。
つまり、相手の言葉を聞く前に次のセリフを知っているかのような段取り芝居をひどく嫌うのです。
それで、彼は俳優がワンシーンを通してリハーサルする事を繰り返します。
その光景は舞台のリハーサルシーンに似ています。
彼は自分で脚本を書きます。撮影現場に、脚本に書かれた空間を再現しようとします。
複数のカメラアングルで人間の生活を切り取って編集して映画を作ります。
彼は映画が時間の芸術だと思っているのです。

「乱」は400年前の武士の時代を描いた物語です。
まるでタイムマシンで過去に戻って、カメラで撮影してニュース番組のような映画を作ることを理想にしていました。
そうすれば、観客は神の目で人間社会を見ることができるからです。

Kurosawa Akira How to make one scene.
The director first prepares the art with the staff.
Next, I show acting rehearsals to all the staff.
While performing acting guidance, the director will modify the performance through one scene.
While doing the rehearsal, the director himself draws shooting containers.
We will distribute a copy of the storyboard to all staff to prepare for shooting.
Repeat performance rehearsal before actual shooting.
After having the photographer decide the photographing angle, the director looks into the viewfinder and instructs the photographer to correct it.
Using three cameras, multiple shots necessary for one scene are taken from multiple angles at once.

Film production requires two elements: the internal nature of the movie and the photography technique.
If you do not master the inner nature of the movie, you can not produce an actor nor can you decide the angle of the camera.
Also, I have to see all the movies made by Akira Kurosawa and read all that scenario.

It is very important to observe the shooting scene of "Ran" in learning the Akira Kurosawa's film production technique.
If you can apply the Kurosawa Flow shooting technique discovered at the production site of Kurosawa movie to your own site,
You should be able to take the first step to become a great film director.

First of all, we need to understand that "Ran" was Akira Kurosawa's life work.
And you need to know that this movie was a movie with a huge budget after the "Seven Samurai" of Kurosawa's work.
When "Seven Samurai" was produced, Akira Kurosawa was in his 40's, but in the mid-seventies he made "Ran".
There was the same photographer, art and recording staff as when the "Seven Samurai" was produced at the shooting site of "Ran".
So observing the shooting scene of "Ran" for you is as valuable experience as seeing the shooting scene of "The Seven Samurai".
Akira Kurosawa will not shout at the actor. Many books say that he is a dictator, but there is no acting guidance scene that yells actors loudly.
He dislikes acting acting exaggerated acting and conversation. He is always thinking that he wants an actor to perform natural acts.
In other words, I dislike the setup plays as if I know the next line before listening to the other party's words.
So, he repeats the actor rehearsing through one scene.
That sight resembles the rehearsal scene of the stage.
He writes a script by himself. I try to reproduce the space written in the script at the shooting site.
Cut the human life with multiple camera angles and edit it to make a movie.
He thinks the movie is an art of time.

"Ran" is a story depicting the age of samurai 400 years ago.
It was like a time machine back to the past, shooting with a camera and making a movie like a news program was ideal.
That way, the audience can see human society with the eyes of God.



黒澤明監督作品 AKIRA KUROSAWA THE MASTERWORKS Blu-ray Disc Collection2【Blu-ray】 [ 黒澤明 ]
楽天ブックス
黒澤明 三船敏郎 志村喬【VDCP_700】 クロサワアキラカントクサクヒン アキラ クロサワ ザ

楽天市場 by 黒澤明監督作品 AKIRA KUROSAWA THE MASTERWORKS Blu-ray Disc Collection2【Blu-ray】 [ 黒澤明 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




黒澤明 DVDコレクション 11号 [分冊百科]
朝日新聞出版

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黒澤明 DVDコレクション 11号 [分冊百科] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック