イエスの父親はザカリアだった!マーク・ギブス氏(Mark Gibbs)著書「聖家族の秘密」(Secrets of the Holy Family)

252.jpg
 英国の著作家マーク・ギブス氏(Mark Gibbs)は著書「聖家族の秘密」(Secrets of the Holy Family)の中で、2000年間、秘密にされてきた「イエスの父親は誰か」を解明している。
 同氏は「メシア・コードを事実に基づいて実証するものではない。そのような証拠は存在しないが、ユダヤ人の伝統に基づき、理性と論理から考えていく」と指摘し、イエスが聖母マリアの処女懐胎によって生まれたのではなく、祭司ザカリアとヨセフの許婚マリアとの間に生まれた子供だったと主張する。
 33歳で十字架で処刑されたイエスの生涯は謎に満ちている。2006年に映画化されたダン・ブラウン氏の小説「ダ・ヴィンチ・コード」は、イエスが生前、マグダラのマリアと婚姻関係にあったという説をテーマとしている。同映画が大きな反響を呼んだことはまだ記憶に新しい。
 ギブス氏は「キリスト教会でいわれてきた聖母マリアの処女懐胎は後日、イエスの神性を強調するために作成されたもので、実際は祭司長ザカリアとマリアとの間に生まれた子供であった」と主張。新約聖書「ルカによる福音書」を中心にイエスがどこで、どのようにして生まれたかを冷静な筆運びで記述している。
 イエスの誕生の経緯は当時、多くのユダヤ人たちが知っていたという。そのため、イエスは苦労し、一部の経典によれば、父親ザカリアは殺される羽目に追い込まれたという。著者は「ザカリヤ家庭の失敗がイエスに十字架の道を強いる結果となった」という。換言すれば、イエスは十字架で処刑されるためにきたのではなく、この地上に神の世界を構築するためにきたこと、イエスの十字架は神の予定ではなかったこと、等が明らかになってくる。
 著者は旧約聖書に登場する信仰の祖「アブラハムの家庭」と「ザカリアの家庭」を比較する。アブラハムには本妻サラの他、召使のハガルがいた。ザカリアの家庭には本妻エリザベツと、ヨセフの妻となるべきマリアの3人が登場する。
 アブラハムの第一子はサラとの間のイサクであり、第二子はハガルとの間のイシマエルだ。同じ様に、ザカリアの第一子はエリザベツとの間に生まれた洗礼ヨハネであり、第二子はマリアとの間に生まれたイエス、という構図だ。ザカリア家庭が重要な使命をもっていたことが分る。
 また、ギブス氏は中世のイタリア人画家バルミジャニーノ(Parmigianino、1503-40年)の「聖家族」など宗教画を例にあげ、「ザカリアとマリアの関係」を解説していくが、その謎解きはサスペンス小説を読んでいるように迫力がある。
 「イエスの生涯」に関心のある読者は一度、読んでいただきたい。独語訳は「Die Jungfrau und der Priester」(仮題「処女と聖職者」)のタイトルで出版されたばかりだ。
 イエスの父親が判明することで謎の多いイエスの生涯は明らかになってくる。そして神が人類の救い主を妾の血統をひく家系から誕生させた事情などについて、キブス氏の著書はこれまで封印されてきた内容を読者に提示している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント