末の方(宮崎美子)と再会する秀虎(仲代達矢)二の城j城主次郎(根津甚八)にも拒否される秀虎の郎党たち。この夕景シーンで末の顔が見えないと批判された黒澤明監督。

1984年7月熊本城で撮影された『乱』夕景シーンはまるで合成のように見事だった。
Cカメラ(中井朝一)が撮影した宮崎美子のクローズアップは本編で使用されなかった。
※予告編には使用された。
解説:tokyowebtv河村光彦



これが二の城(熊本城)での末の方夕景ロケーション撮影の準備とリハーサル風景だ!
夕景の空は合成ではありませんでした。

1984年7月熊本城でのロケーションシーン。
カメラは移動車のレールの上に設置され
ズームは使わずにすべて移動撮影で
長回しワンテイクで収録された。
先にアップした解説動画と共にご覧ください。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント