『乱』末(宮崎美子)の首を受け取った鉄(井川比佐志)は怒り心頭。追ってきた次郎(根津甚八)を振り払い楓(原田美枝子)の元へ。この日ラストの鉄のセリフは変更されていた。その理由を説明する黒澤明監督。

神奈川県横浜市黒澤フィルムスタジオ一の城のセット。
折角引いた移動車をテストをやるうちに躊躇なく引き直す。
当然のようだが、なかなか決断できないものだ。
特機:春田さん清水さん益崎さん。



『乱』一の城廊下・テストと本番。
末の方の首を受け取って鉄は楓の方に怒り心頭。
慌てて次郎が追う。
移動車を引き直しての本番撮影。

1985年2月神奈川県横浜市黒澤フィルムスタジオ。
鉄(井川比佐志)
次郎(根津甚八)
特機:春田耕市、清水与三吉、益崎武徳 
本番終了後カメラは楓の部屋に移動。
そこで装飾の手直しを手伝う黒澤明監督。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント