『乱』この日が鶴丸(野村武司=野村萬斎)ロケ初日で末の方(宮崎美子)と阿蘇山脛千里でリハーサルに臨む。上機嫌の黒澤…

半年のリハーサル期間があったものの、 映画の撮影現場は初体験だった高校生の野村萬斎さん。 特に緊張した様子もなく、黒澤監督の丁寧な演技指導を淡々と受けて堂々としたものだった。 板付きで台詞を交わしてしまう三人に、どんどん動きが加わっていく。 この日はあいにくの曇天と霧でカメラは回らなかった。 『乱』鶴丸と末の方…
コメント:0

続きを読むread more

『乱』先にアップした動画の前、次郎(根津甚八)に台詞が入っていないので休憩となる。怒らない黒澤監督。

根津さん(次郎)が台詞を入れ直す場面は既にアップ済み。 馬を降りて練習する事になった経緯をご覧ください。 スタッフがイラつかないようにすぐさま休憩を入れる気の配り様。 黒澤明監督は本当に優しい演出家なのです。 セリフが出てこない根津甚八さんにも優しい黒澤明監督。 1984年大分県飯田高原『乱』合戦シーン撮影現場記録…
コメント:0

続きを読むread more

『乱』秀虎(仲代達矢)が家督を子に譲ると宣言。長回しワンカットで撮影したシーンのインサート用抜き撮り場面。カメラは…

10分を超えるシーンの撮影が、長回しワンテイクとここで紹介するインサート用アップの抜き撮りで撮影完了するのだから効率は抜群に良い。 更に助監督が仕切らなくても、黒澤監督自身が撮影の段取りを説明しリーダーシップを取るから撮影はどんどん進む。 的確な演技指導とOKの判断も明確。 早撮りの黒澤明監督流マルチカム撮影システムといって良いだ…
コメント:0

続きを読むread more

『乱』先にアップした「哀れ老いたり」の三郎NGシーン未編集版。当初黒澤監督にぼかしで隠し短縮していたが、ノーカット…

1984年7月大分県飯田高原ロケ。 秀虎(仲代達矢)が家督を三人の息子に譲ると宣言。 三郎(隆大介)はこれに強く反対する。そんな父を「哀れ老いたり」と嘆くが黒澤監督からはなかなかOKが出ず、テストにも至らない。 今回は斎藤孝雄カメラマンへの抜き撮りカット割りのアングル指示からご覧ください。
コメント:0

続きを読むread more

『乱』末(宮崎美子)の首を受け取った鉄(井川比佐志)は怒り心頭。追ってきた次郎(根津甚八)を振り払い楓(原田美枝子…

神奈川県横浜市黒澤フィルムスタジオ一の城のセット。 折角引いた移動車をテストをやるうちに躊躇なく引き直す。 当然のようだが、なかなか決断できないものだ。 特機:春田さん清水さん益崎さん。 『乱』一の城廊下・テストと本番。 末の方の首を受け取って鉄は楓の方に怒り心頭。 慌てて次郎が追う。 移動車を引き直しての本番…
コメント:0

続きを読むread more

『乱』太郎(寺尾聡)と次郎(根津甚八)に攻められて三の城に籠るしかない秀虎(仲代達矢)。『用心棒』『椿三十郎』の殺…

ここでも立ち回りは簡略化されてあっさり刀を折ってしまう。 郎党役に北野武映画でおなじみの渡辺哲さんの顔も見える。 生き残った郎党に守られ城に入る秀虎。 殺陣:久世浩 『乱』太郎(寺尾聡)と次郎(根津甚八)に攻められて三の城に籠るしかない秀虎(仲代達矢)。 生き残った郎党に守られ城に入る秀虎。 殺陣:久世浩 …
コメント:0

続きを読むread more

『乱』馬に乗っての演技が出来ない生駒と小倉に黒澤明監督も怒り心頭。練習不足を指摘して、遂にこの日の撮影は途中で中止…

1984年8月熊本県阿蘇砂千里ロケで曇りから芝居がスタートして晴れになるのを狙う場面で、生駒(加藤和夫)と小倉(松井範雄)は全く馬を操れない。 馬上のリアクションさえ取ろうとしない二人に、黒澤明監督の堪忍袋の緒が切れる。 全スタッフも納得の撮影中止。 後日再チャレンジとなるが・・・
コメント:0

続きを読むread more

『乱』鶴丸(野村萬斎)と末の方(宮崎美子)が秀虎(仲代達矢)と狂阿弥(ピーター)に出会うシーン。カメラと照明の準備…

1984年9月熊本県阿蘇砂千里に組まれた巨大な城壁のセット。 秀虎が正気を取り戻す重要なシーンの演出。 形の良い雲を待つ黒澤監督。 ここでレフ板に巨大な鏡が使用される。 『乱』このシーンを境に秀虎(仲代達矢)が行方不明となる。鶴丸(野村萬斎)と末の方(宮崎美子)の背後の雲を待って本番。 熊本県阿蘇砂千里は『悪い…
コメント:0

続きを読むread more

『乱』追放された三郎(隆大介)を藤巻(植木等)追ってくる。リハーサルから出来上がっている植木さんの演技に、黒澤監督…

植木等さんの明るい人柄が出ているとても楽しいシーンです。 だが、馬が出てくるシーンなので冒頭の動きが四苦八苦。 『乱』藤巻と三郎の本番。夕方の射光が草を光らせる。その美しさはフィルムに焼き付けられても、取材ビデオでは分からない。佐野武治照明技師の腕が光る! 1984年9月熊本県阿蘇市大観峰の雄大なロケーション。 …
コメント:0

続きを読むread more

『乱』1985年6月1日第1回東京国際映画祭でオープニング上映された。それより早く開かれた公開記念パーティーと約1…

『乱』電通のディレクターが編集すると、どうしても怒鳴る黒澤明監督にしてしまう。第1回東京国際映画祭記念で制作された番組前半。ナレーションは山崎努さん。 第1回映画の日は1985年6月1日に決まっていた。 料金は半額だった。 『乱』はロードショー公開された初日に30万人を集めたが、この日の興行収入が半減したことでヘラルド…
コメント:0

続きを読むread more

『乱』幕屋の中本番2日目。前日のCカメラポジションを確認すると、より高い位置からのアングルに変更する様指示する黒澤…

絵コンテは毎日のように書き換えられて、朝のうちに善パートに配られた。 テストが始まると前日同様三郎(隆大介)の枝の切り方が問題となる。 『乱』幕屋の中③本番は1テイクでOK!笑顔の黒澤監督。その後はインサート用アップを撮り足していく。ここでも助監督の仕事を監督がこなす。 三台のカメラで9割のカットを一気に撮影した後…
コメント:0

続きを読むread more

『乱』幕屋の中①の本番前に、1番に現場入りした狂阿弥(ピーター)と共に黒澤監督は「兎じゃ」の下りを演出していた。

1985年7月大分県飯田高原九重町の山すそで撮影は行われた。 先にアップしたリハーサルの後、宿泊先のホテルでピーターが怪我をしたため、本番の撮影日は延期されていた。 その期間を利用して黒澤明監督は絵コンテを変更。 二本の扇子と徳利で、見事に兎を表現する技を完成していた。 だが自然にその形を作るには狂阿弥の動きを変えなくて引けない…
コメント:0

続きを読むread more

『乱』冒頭“幕屋の中”リハーサルを全スタッフに見せる黒澤明監督。※解説音声:tokyowebtv河村光彦

1984年7月大分県飯田高原ロケ。 秀虎の郎党を演じた三十騎のメンバーのお顔を紹介。 その後始まった美術の準備だったが、突然作業をやめてリハーサルを見るようにと、黒澤監督からの指示が出る。 黒澤流リハーサルが始まると、満面の笑みを浮かべる黒澤明監督。 故植木等さんもいらっしゃいます。 このリハーサルと完成した本編では、いくつか…
コメント:0

続きを読むread more