野上照代さんがDVD版『メイキングオブ乱』の解説を書くに当たって河村光彦を取材した。Teruyo Nogami interviewed Mitsuhiko Kawamura when writing the commentary for the DVD version of "Making of Ran."

2006年頃東宝版DVD発売に合わせて解説を書くために話を聞きたいと呼ばれ、某居酒屋で野上照代さんから取材を受けた。
先日NHKBS1で11/8に放送された『黒澤映画はこうして作られた』で多くを語られた『羅生門』以降の全黒澤監督映画で記録を務めたあの野上さんだ。
内容は谷口カメラマンと河村が黒澤組を取材した経緯、たわいない裏話で聞き取りにくいがご覧あれ。

Around 2006, I was asked to listen to a story to write a commentary when the Toho version DVD was released, and I was interviewed by Teruyo Nogami at a certain izakaya. Mr. Nogami, who was the record for all Kurosawa director's films after "Rashomon", which was talked about a lot in "Kurosawa movie was made in this way" broadcasted on NHK BS1 the other day on November 8. You can see the details of how Taniguchi photographer and Kawamura interviewed Kurosawa-gumi, and the inside story that is difficult to hear.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント