黒澤監督が『乱』地獄絵のシーンで郎党が殺される場面を撮影せずに屍の山に変更したのは何故か?『七人の侍』のエンディングとの共通点。

1984年11月御殿場太郎坊三の城オープンセットで
地獄絵図の撮影を楽しみにしていた三十騎の俳優たちはガッカリした。
壮絶な死を遂げるはずが、死体の役ばかりで終わったからだ。
多くの観客もこれを残念がったという。
黒澤明監督の真意は何処にあったのか?
tokyowebtv河村光彦が解説する。

"黒澤監督が『乱』地獄絵のシーンで郎党が殺される場面を撮影せずに屍の山に変更したのは何故か?『七人の侍』のエンディングとの共通点。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント