テーマ:羅生門

七人の侍(1954年製作の映画)

侍に憧れて村を飛び出した暴れん坊が、6人の侍と出会って菊千代という武士の名前を貰って、百姓に恩返し、立派な侍になったところで戦死してしまう物語。 『羅生門』で拾われた捨て子が菊千代だったかも知れない。 「6人育てるも7人育てるも、同じ苦労だ」 拾われた赤ん坊は戦で親を亡くし、孤独に育つ。 本当の親は侍だったかも知れない。 百姓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェリーニの甘い生活(1959年製作の映画)

俗世界の上流層を覗き見てきたタブレット誌の記者がうつ病になってしまい、愛について結婚について、幸福な人生について悩み始める物語。 こう解釈すると、ストーリーに一本筋が通る。 独占欲の強い内縁の妻を、愛したくても愛せない。 世間で羨まれるはずの女優の彼は彼女を愛してるとは思えない行動を繰り返す。 愛を解くキリスト教は上滑りで子供の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000年製作の映画)

悪魔と戦って死んだ老神父と若い神父の物語。 さて悪魔との死闘とは如何なるものだったのか?それを再現したヒューマンドキュメンタリーがあったらこんな映画になるのです。 医者は脳の問題だと片付ける。 悪魔付きと錯覚しているから悪魔祓いでショックを与えれば元に戻りますよ。催眠療法です。医学の限界を前半で描く。 白羽の矢を立てられた若い神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラットライナーズ(1990年製作の映画)

人間が犯した罪は、神が許すかどうかではなく、人間自らが謝罪して相手に許されたという実感を、まだ生きているうちに味合わないと、あの世まで持って行ってしまう、という人生と死後の世界の関係を明確に示した傑作! 人は自分の犯した罪に対して良心の呵責でもがき苦しむ本性を持っている。 普段は隠れて忘れてしまったはずのその罪の意識は、みんな魂に刻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

“ファミリー”を守るために家族を崩壊させてしまうドンの悲劇。 家族と“ファミリー”の両方を誕生させて愛した父ビトー・コルレオーネの人生には父の仇への復讐心があった。 それに対してマイケルの人生には愛も目的も見えない。 そもそも、家族の誰にも相談しないで兵役を選んだ過去がマイケルにはあった。父の誕生日を祝う家族の輪にも入れなかったマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

父を失い欠けて初めて家族愛に目覚める末っ子の話。 目覚めた後は父の持つ権力を継承することに躍起で盲目となり、見境なく他ファミリーのドンを皆殺しにしてニューヨークのトップになってしまう。 その非道を信じたくない妻には嘘をつくカソリックのクリスチャン。 イタリアから来たアメリカ人のルーツはPART2を見ないと分からない。 そういう意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春の殺人者(1976年製作の映画)

愛する彼女の初体験が義父との淫乱な関係からだったと父に聞かされて それを信じる父に彼女の義父を重ねて殺してしまう少年の物語。 イチジクの木の下で起きる淫行はエデンの園のエバと堕天使を観る様だ。 中3で初見した当時はそんな深読みはできず、回想シーンの多さに魅了され、原田さんの裸に目を丸くした。 後に『男たちの旅路』の水谷さんに男ぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半世界(2018年製作の映画)

インターネットや国際ニュースで世界情勢は知っていても、我が国の片田舎で暮らす彼らの生活について我々は無知である。 我々が知っている世界は半分以下だ、というお話か? 中学時代が人生で最高の日々だった、と振り返る自分がいる。 「俺たち変わってない、昔と同じバカなガキだ」 バカな親は親になれないのか? 都会のサラリーマンより子供と話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菊とギロチン 

セットと小道具に金をかけただけで 何に怒り何を目指してテロを計画したのか全く分からない。 菊が強くなりたい動機も分からない。 ただがなって理由もなく喧嘩して罵り合っているだけの 人間たちに一切共感できず。 女相撲がアメリカ興行を果た過程こそ見たかった。 菊とギロチン[DVD] - 木竜麻生, 瀬々敬久
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『淵に立つ』観客を人間不信に貶めて、不幸な気分にする映画を何故作る?

ここまで救いがないと腹が立つ! 何のためにこんな映画を作るのか? スタッフを集めてカメラを構えて役者を動かして映像に定着させて編集して音楽つけて公開して映画賞を狙う? その過程は作業として楽しいかも知れないが、 完成した映画がここまで不幸の連続だったとき、 観客がどんな気持ちに陥るか? それはもう映像の暴力だ! その責…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全集 黒澤明〈第3巻〉羅生門 の頃 単行本 1988/1/18 黒澤 明 (著)

神は藪の中殺人事件を使って捨て子を救った。  この本に収録されているのは、映画『羅生門』の脚本だ。執筆したのは黒澤明監督。芥川龍之介の『藪の中』と『羅生門』が原作だ。  脚本と原作の違いは、『藪の中』にはない4つ目の証言と捨て子のエピソード。この加筆によって、映画『羅生門』は世界最高の名画と成った。  第1の証言は藪の中姦淫殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は貝になりたい事件判決 原告 中野昭夫の請求を棄却する。 被告 橋本忍が脚本の著作者

東京地裁昭和四九年(ワ)第二三七号 損害賠償等請求事件 同五〇年三月三一日民事第二九部判決 原       告 中野昭夫 被       告 橋本忍 右訴訟代理人弁護士 酒巻弥三郎 外一名 主   文 原告の請求を棄却する。 訴訟費用は、原告の負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドナルドリチー著「黒澤明の映画」が大間違いをした映画『羅生門』の真相=『藪の中』の真相

黒澤明監督が『羅生門』を『藪の中』と融合したことで、両小説の真相が「人間不信」にあったのではなく「性善説」に立った「人間の良心の勝利」にあり、芥川の真意を知る上でも黒澤解釈版たる映画『羅生門』を今こそ皆さんに見直していただき、明日の生活の指針に使って元気になってほしい、と私は思っております。  『藪の中』を原作とした部分の映画版…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『羅生門』HD修復版ネガは日本国内用?イタリアやフランスが保管している1945年伊語版仏語版ネガは?

海外に映画を配給する時にネガのコピーであるインターネガを送る場合と、インターネガを作るための初号プリントと同じ画質のポジを送る場合がある。 いずれにしても、字幕スーパーの付いた相手国内配給用のオリジナルネガは相手国の現像所に残っているはず。 大映の倒産を理由に東洋現像所の倉庫に保管された日本国内配給用のオリジナルネガが廃棄処分された…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『羅生門』HD完全版CS放送で真相が見えた!多襄丸が決闘で勝って夫を殺した!妻は後悔し死刑を望んだ!

夫の霊は多襄丸との決闘の敗北を隠したくて、 潔く切腹して死んだと証言した。 妻を目の前で強姦された大失態も隠したかったし 妻に「(何故自害しない?だって!多襄丸を)この男を殺してから自害しろというなら男らしい夫だが(太刀も取らずに妻に自害を迫るのは卑怯な夫だ!決闘して多襄丸を殺してから言い直せ!)」 と決闘での決着を迫られた…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

『羅生門 デジタル完全版』のブルーレイ発売を記念して初の黒澤明ブルーレイBOX【限定版】をリリース!

やはり、大映も松竹も東宝も黒澤プロも、角川映画にブルーレイとDVDの版権を売ったらしい。 そして格安DVD黒澤映画全作品シリーズを発売したかと思ったら、これだ・・・ 東宝版『黒澤明 DVD BOX』より安いってどういう事? などとぼやいてはいけない!と東宝版『黒澤明 DVD BOX』を涙目でみつめながら 自分に言い聞かせる丑四…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『羅生門』の赤ん坊が菊千代になり、『椿三十郎』になり『乱』の秀虎になった?

七人の侍(2枚組)<普及版> 12/1全国公開の『椿三十郎』を大特集。 (右のGyaO バナー広告をクリックするとジャンプできます!) 「勝ったのはあの百姓たちだ。わしたち(侍)ではない」 というラストの台詞には続きがありました。 黒澤監督は、次の台詞で『七人の侍』脚本の最後を結んでいます。 「侍…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

DVD盤『羅生門』の楽しみ方!チャプター編集再生機能のすすめ

羅生門 デラックス版  ←Watchme!TVで評判のモーモー先生です。  ※動画をご覧になれない方に、作品解説の概要を書き出してみました。ご参照下さい。     三船敏郎さん演じる多襄丸の証言が終わったら、チャプターを飛ばして  志村 喬さん演じる4番目の木こりの証言を先に観てみましょう!  京 マチ子さん…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

映画『羅生門』の原作は『藪の中』であって、小説『羅生門』ではない

仕入れなし!ネット自動販売機 黒澤明 : 大映BOX  という理由で、芥川ファンの方ほどあまり映画版をお好きでない、と聞いております。  しかし、『羅生門』を『藪の中』と融合したことで、両小説の真相が“人間不信”ではなく“性善説”に立った“人間の良心の勝利”にあり、芥川の真意を知る上でも黒澤解釈版たる映画『羅生門』を今こそ日本…
トラックバック:60
コメント:5

続きを読むread more

早速TBありがとうございます

丑四五郎です。盛りだくさんのテーマ数で、凄いブログですね。お返事をここに書き込んだので良かったのか?私はそれさえ分かってない、ブロブ初心者ですので、これからもよろしくお願いいたします。ご訪問いただいたWEBTV『黒澤映画ゼミナール』も、『羅生門』の真相究明を目玉に、デザインシンプル、動画もリテイクなしのトチリ連発おかまいなしの分量と内容…
トラックバック:86
コメント:3

続きを読むread more

『羅生門』の真相 http://tokyowebtv.com/

 ←写真をクリックするとモーモー先生のおしゃべりがご覧いただけます。   故淀川長治さんを筆頭に、日本の評論家が口にするのは 「映像美は素晴らしく、撮影技術が優れていたから海外で評価されたが、話はわかりにくく、正直言ってつまらない」 「ラストのエピソードはうそ臭くて不要だった」というものばかり。 しかし、原作者芥川龍之介や世…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more