テーマ:映画

羅生門(1950年製作の映画)

4番目の話が真相だ。短刀を盗んだという点を除いて。 捨て子は雨の降る前からそこにいた。 この2点を知ってから見直してほしい。 そうすればこの物語が原作を超えた傑作だと確信するはず。 知ったかぶりの映像美分析をするファンも多いが 外国の評価は 「6人育てるも7人育てるも同じ苦労だ」 という木こりの決断に感動した事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェリーニの甘い生活(1959年製作の映画)

俗世界の上流層を覗き見てきたタブレット誌の記者がうつ病になってしまい、愛について結婚について、幸福な人生について悩み始める物語。 こう解釈すると、ストーリーに一本筋が通る。 独占欲の強い内縁の妻を、愛したくても愛せない。 世間で羨まれるはずの女優の彼は彼女を愛してるとは思えない行動を繰り返す。 愛を解くキリスト教は上滑りで子供の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000年製作の映画)

悪魔と戦って死んだ老神父と若い神父の物語。 さて悪魔との死闘とは如何なるものだったのか?それを再現したヒューマンドキュメンタリーがあったらこんな映画になるのです。 医者は脳の問題だと片付ける。 悪魔付きと錯覚しているから悪魔祓いでショックを与えれば元に戻りますよ。催眠療法です。医学の限界を前半で描く。 白羽の矢を立てられた若い神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラットライナーズ(1990年製作の映画)

人間が犯した罪は、神が許すかどうかではなく、人間自らが謝罪して相手に許されたという実感を、まだ生きているうちに味合わないと、あの世まで持って行ってしまう、という人生と死後の世界の関係を明確に示した傑作! 人は自分の犯した罪に対して良心の呵責でもがき苦しむ本性を持っている。 普段は隠れて忘れてしまったはずのその罪の意識は、みんな魂に刻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

“ファミリー”を守るために家族を崩壊させてしまうドンの悲劇。 家族と“ファミリー”の両方を誕生させて愛した父ビトー・コルレオーネの人生には父の仇への復讐心があった。 それに対してマイケルの人生には愛も目的も見えない。 そもそも、家族の誰にも相談しないで兵役を選んだ過去がマイケルにはあった。父の誕生日を祝う家族の輪にも入れなかったマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

父を失い欠けて初めて家族愛に目覚める末っ子の話。 目覚めた後は父の持つ権力を継承することに躍起で盲目となり、見境なく他ファミリーのドンを皆殺しにしてニューヨークのトップになってしまう。 その非道を信じたくない妻には嘘をつくカソリックのクリスチャン。 イタリアから来たアメリカ人のルーツはPART2を見ないと分からない。 そういう意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春の殺人者(1976年製作の映画)

愛する彼女の初体験が義父との淫乱な関係からだったと父に聞かされて それを信じる父に彼女の義父を重ねて殺してしまう少年の物語。 イチジクの木の下で起きる淫行はエデンの園のエバと堕天使を観る様だ。 中3で初見した当時はそんな深読みはできず、回想シーンの多さに魅了され、原田さんの裸に目を丸くした。 後に『男たちの旅路』の水谷さんに男ぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半世界(2018年製作の映画)

インターネットや国際ニュースで世界情勢は知っていても、我が国の片田舎で暮らす彼らの生活について我々は無知である。 我々が知っている世界は半分以下だ、というお話か? 中学時代が人生で最高の日々だった、と振り返る自分がいる。 「俺たち変わってない、昔と同じバカなガキだ」 バカな親は親になれないのか? 都会のサラリーマンより子供と話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菊とギロチン 

セットと小道具に金をかけただけで 何に怒り何を目指してテロを計画したのか全く分からない。 菊が強くなりたい動機も分からない。 ただがなって理由もなく喧嘩して罵り合っているだけの 人間たちに一切共感できず。 女相撲がアメリカ興行を果た過程こそ見たかった。 菊とギロチン[DVD] - 木竜麻生, 瀬々敬久
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野村萬斎17歳の夏 黒澤明監督作品『乱』幻のメイキング動画 宮崎美子とリハーサル

写真を👆クリックして動画をご覧ください。 盲目の鶴丸を連れて末の方が刺客から逃げるシーン。 九州熊本県阿蘇山砂千里でのロケーション撮影。 肖像権の問題で黒澤監督は後ろ姿だけです。 プロフェッショナル 仕事の流儀 狂言師 野村萬斎の仕事 果てなき芸道、真(まこと)の花を [DVD] - 野村萬斎, 野村萬斎
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程  誰かが作って残さないといけなかった再現ドラマ

連合赤軍に関する本は全部読んでいる私にすれば、 遠山さんが全裸でエビぞりにされたとか、 金子さんの胎児を取り出そうとしたとか、 もっと残虐な方法で同志を死に至らしめた永田と森の行いを かなりソフトに処理していてホッとした。 後半の死者は死に顔とテロップ処理だったのも良い方法だったと思う。 ただ、寺岡君の 「こんなの革命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AkiraKurosawa talked about "RAN" 何の為に映画を作るか?等黒澤明監督が『乱』撮影現…

何を語ったかは👆の写真をクリックして動画をご覧ください。 プロデューサーのシルベルマンが質問します。 「あなたはプロデューサーのためには映画を作っていないですね」 さてこれに何と答えたか。 英語とフランス語の通訳付きでご覧ください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『止められるか!俺たちを』映画に関わったのが1980年代~で本当に良かった。

止められるか、俺たちを [DVD]撮影4日で作るピンク映画の劣悪な制作現場に1本着いただけで嫌気を指して 2度と受けないと決めた助監督経験のある私にとっては、 め組たちの日常は地獄に見えた。 性教育をうたった映画を作りながら避妊をしなかった彼女にとって妊娠は必然。 コインロッカーベービーズを生んだ無責任世代の性行為の結果に同情の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『菊とギロチン』これを年間ベスト2位に選ぶキネマ旬報は終わってる・・・。

菊とギロチン[DVD]セットと小道具に金をかけただけで 何に怒り、何を目指してテロを計画したのか全く分からない。 菊が強くなりたい動機も分からない。 ただ怒鳴って、理由もなく喧嘩して、罵り合っているだけの人間たちに一切共感できず。 女相撲がアメリカ興行を果たす過程こそ見たかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『赤い雪』スタッフの苦労が報われなかった 監督主導の駄作。

赤い雪 Red Snow [DVD] 原作がつまらないのだと思うが 人間らしい人間が一人も出てこない。 殺人の動機も手口も描かずに進むから リアルさは皆無。親のSEXシーンだけがご丁寧で不快。 壁に映る影とかで表現すべきだった。 子供の頃の悲しい体験を、乗り越える気力を全く持たない主人公たちに …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジョーカー』感想。IMAXで観ました。

IMAXで観ました。劇場の中央の席で。視界は完全にスクリーンの中でした。時々ロングショットでゴッサムシティの中の小さな存在としてアーサーが描写されますが、神の視点で観る事ができました。心が痛む。その臨場感は半端じゃなかった。クローズアップが多いこの映画はIMAX向きではない。しかしロングショットでもアーサーの表情がしっかり見れるからDV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の映像保存会   お問い合わせ: 04-2006-6577

黒澤明監督の映画『乱』の制作過程を記録した450本150時間におよぶビデオのマスターテープが存在した! 撮影から約35年。経年劣化が進行しつつあるマスターテープの映像をデジタルデータに変換・保存し、 黒澤明の映画づくりの実像を後世に伝えたい! 黒澤明 とは? 『羅生門』『七人の侍』『生きる』など、数々の名作を世に送り出した映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『2001年宇宙の旅』を超えた傑作!『未知との遭遇』

音とイメージで遭遇場所を伝達して回るUFO。 沸いてくるイメージが何を意味するのか苦悩する主人公。 選ばれし者ではない科学者がそのメッセージの謎を解き明かして その場所に遭遇の為の施設を建造して、 偽の毒ガス事故のニュースを流して一般市民を排除する。 さてその日にUFOはやって来るのか? 特別編が一番好きです! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間をバカにしてる。『そこのみにて光輝く』

女性は男に依存するしかないと勘違いした女性蔑視の映画。 生きるためには娼婦しかない?結婚しかない? この脚本でOKを出してクランクインに踏み切ったプロデューサーも監督も、 これを1位に推したキネ旬の評論家も、 米アカデミー賞外国語映画に日本代表として出品した日本映画界上層部も、みんな・・・ 不幸に立ち向かって、歯を食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惑星 ソラリス の真相解明!アンドレイ・タルコフスキーの宇宙観

惑星ソラリス Blu-rayIVC,Ltd.(VC)(D) 2013-04-26 Amazonアソシエイト 5つ星 人間が意思や感情を持っているのは宇宙そのものが意思や感情を持っているからだ。 投稿者丑四五郎2018年9月29日 だからソラリス自身が意思や感情を持っているという仮説も成り立つ。これが前半で科学者が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『淵に立つ』観客を人間不信に貶めて、不幸な気分にする映画を何故作る?

ここまで救いがないと腹が立つ! 何のためにこんな映画を作るのか? スタッフを集めてカメラを構えて役者を動かして映像に定着させて編集して音楽つけて公開して映画賞を狙う? その過程は作業として楽しいかも知れないが、 完成した映画がここまで不幸の連続だったとき、 観客がどんな気持ちに陥るか? それはもう映像の暴力だ! その責…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全集 黒澤明〈第3巻〉羅生門 の頃 単行本 1988/1/18 黒澤 明 (著)

神は藪の中殺人事件を使って捨て子を救った。  この本に収録されているのは、映画『羅生門』の脚本だ。執筆したのは黒澤明監督。芥川龍之介の『藪の中』と『羅生門』が原作だ。  脚本と原作の違いは、『藪の中』にはない4つ目の証言と捨て子のエピソード。この加筆によって、映画『羅生門』は世界最高の名画と成った。  第1の証言は藪の中姦淫殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画やドラマの撮影許可します!ロケセット360度動画紹介 庭広し 所沢  (有)いちけんホーム

西武池袋・豊島線 (有)いちけんホーム 電話 04-2949-3737 360度動画紹介 by 株式会社tokyowebtv 写真をクリックして↓360度動画でロケハンして下さい。 屋内での撮影も可能です。 クリックして↓屋内紹介ページをご覧下さい。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『乱』は、最期の黒澤映画になる、と言われていた。「後世に、自分の映画作りの様子を伝えたい」

それを実現するために撮影されたのがこのビデオだった。 黒澤明監督の意向で撮影された『乱』撮影現場記録のスクリーン上映会 江戸川橋(有楽町線)4番出口→武心道ビル  2016/11/6 『東京映画塾』説明会イベントへGO! オープンリールで外には出られない1インチビデオがプロ機だった時代。 そこへ登場したのが世界初のカセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more