大神源太無料動画秘蔵版Ⅲ前半!G.O.グループ会員向けPR映画(Film撮影) in 2001

G.O.グループ社名はGentaOgamiの頭文字?ジー・オー・グループ詐欺事件発覚から逮捕直前まで、大神源太本人は映画撮影に没頭?2000年末から2001年9­月まで出社せず、詐欺システムの発案と実行は重役幹部社員任せっきりだった、という。

結局出たがりナルシストの大神会長本人は、詐欺事業の神輿をカツがされた張子の虎でし­かなかった?2001年9月、グループ企業が、フィリピンのマニラ首都圏を中心として営業していたユニトラスト・ディベロップメント・バンクに13億円を投資し買収した。­同行はバンク・オブ・オーガミ(大神銀行)と改称し、シティバンクのパンフレットを丸写しして、会員に高金利を謳って預金の勧誘をした。マニラ中に大神の顔写真を掲載した­巨大な看板広告を乱立させた。しかしフィリピン中央銀行は、この買収を認可せず、2002年1月に銀行は経営破綻した。大神銀行の日本からの預金は、ジー・オーグループの­運転資金になったと見られる。
逮捕間際、ベルサーチのシースルーメッシュのシャツを着た大神が、出資者を勧誘する姿を映した映像がニュース番組で頻繁に流された。
逮捕の直前、大神はフィリピン人の妻に国際電話をして「ラブ・ユー」と言った後、目を赤くした。記者が「大丈夫ですか」と聞くと、大神は自分の胸を叩き「俺だから、大丈夫­だ」と最後まで芝居がかった態度だった。また警察車両に乗せられる直前には最後の言葉として「会員は家族です」と言い残した。


最新 詐欺撃退マニュアル
データハウス
愛連合詐欺対策委員会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最新 詐欺撃退マニュアル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック