黒澤明『乱』ラストシーン撮影秘話。鉄(井川比佐志)が楓の方(原田美枝子)を殺す場面でNGを連発した。黒澤監督は怒鳴らない!

映画『椿三十郎』ラストの決闘シーンを思い出す血しぶきがここでも登場する。
1発OKしか許されないシーンで要の井川さんが二の足を踏む。
それには1985年1月黒澤フィルムスタジオの深い事情があった。
その真相をtokyowebtv河村光彦が解説します。




take zou
5 時間前
このシーン本当に好き。

2



宮松利博
宮松利博
19 分前
血しぶきのプレッシャーがあったとは、、、そのコンセントレーションが凄みを加えたって事ですかね。

1



黒澤明監督と三十郎sun10ro 株式会社tokyowebtv
黒澤明監督と三十郎sun10ro 株式会社tokyowebtv
1 秒前
OKテイクの迫力はテスト時のそれとは全然違って、何か吹っ切れた感がありました。自問自答した結果の表れだった、勝利だったと思います。




0000syuable
0000syuable
3 時間前
大昔の名作と言われる作品には、日本も外国も問わず、必ず「この一発撮り、どうやったんだろう?」と感心するシーンがよくありましたよね。
今でこそCG合成とかで何とかなるシーンでもCGとかまだない時代の「奇跡のようなワンテイク」シーンです。
井川比佐志
も原田美枝子もドキドキしただろうけど、私は血飛沫を吹き出すエアの操作スイッチを任された特技スタッフの超ドキドキに、喝采を送りたいのであります。

3



黒澤明監督と三十郎sun10ro 株式会社tokyowebtv
黒澤明監督と三十郎sun10ro 株式会社tokyowebtv
3 時間前(編集済み)
位置といいタイミングといい完璧でしたね。心臓が破裂しそうな絶妙な仕上がりでしたね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント