『乱』黒澤明の編集室!一人で全部こなす巨匠の眼光にご注目下さい。武満徹が激怒!既存の音楽を編集ラッシュに付けた黒澤監督

ほとんどのシーンはロケ先のホテルで仮編集済みだった。
3時間を超えていた長尺を2時間40分に凝縮する作業が東宝の編集室で行われた。
当時でもモニターが小さすぎてあまり使われていなかったムビオラ。
26億円の映画でスタインベックを使わなかったのも黒澤監督のこだわりだったか?
これだけ長い時間密着取材した動画が公開されるのは初めて。
撮影許可を下さったのもこれが最後かも、とおかんげになっていたからか?
じっくりご覧ください。

"Ran" Akira Kurosawa's editing room! Please pay attention to the eyes of the master who does everything alone.
Most of the scenes were tentatively edited at the hotel where they were filmed. Work was done in Toho's editing room to condense a long length that had exceeded 3 hours into 2 hours and 40 minutes. Even at that time, the monitor was too small to be used much. Was it Kurosawa's commitment not to use Steinbeck in the 2.6 billion films? This is the first time that a video that has been closely interviewed for such a long time has been released. Was it because I was wondering if this was the last time I got permission to shoot? Please take a closer look.



そもそもマーラーの『巨人』を聞きながら黒澤監督は『乱』の脚本を書いた。
予告編にも使用した。だから監督にとっては自然な工程だったはず。
しかし作曲家武満徹はそのやり方に激怒した。
仮の音楽を付けた編集プリントは全スタッフに試写されたからだ。
スタッフ試写は何度も行われた。
試写のたびに絵の差し替えが繰り返された。
試行錯誤の編集作業。
だが、マーラーの曲はそのまま使用され続けた。

"Ran" Kurosawa Editing Room ② Toru Takemitsu is furious! Director Kurosawa who added existing music to the editing rush.
In the first place, while listening to Mahler's "Giant", Director Kurosawa wrote the script for "Ran". Also used for the trailer. So it must have been a natural process for the director. However, the composer Toru Takemitsu was furious at the method. This is because the edited print with the temporary music was previewed by all the staff. Staff previews were done many times. The paintings were replaced repeatedly at each preview. Trial and error editing work. However, Mahler's songs continued to be used.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント