『乱』前半のクライマックスで起きた神秘的な自然現象をすぐさま取り入れた黒澤監督。

前日は降り積もった雪に頭を抱えた黒澤組だったが、翌日気温が急上昇。
一面水蒸気が上がる神秘的な光景に包まれた。
この日まで一連の地獄絵のシーンは夕方霧の中で撮影されていたから、天候のつながりからからいうと晴天下の撮影では駄目かと思えたが、黒澤監督の判断は違った。
不要なつながりにはこだわらない!美しければ良いのだ。
すぐさま放水して水蒸気を途切れさせない処置が施されたのも凄い。
#映画、#黒澤明、#AkiraKurosawa、#乱、#RAN

Director Kurosawa immediately adopted the natural phenomenon that occurred in the climax hell painting scene in the first half of "Ran".

The day before, Kurosawa-gumi was holding his head in the snow, but the temperature rose sharply the next day. I was surrounded by a mysterious sight of rising water vapor. Until this day, a series of scenes were shot in the fog in the evening, so it seemed that shooting in fine weather would not be possible in terms of the weather, but Kurosawa's judgment was different. Don't stick to unnecessary connections! It's good if it's beautiful. It is also amazing that the water was immediately discharged and the water vapor was not interrupted.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント